S30Z × NASCARホイールでアメリカン・カスタム!

旧車には絶妙に似合う定番のホイールがたくさんあります。RSワタナベ、ハヤシレーシング、スピードスター、ワーク、ロンシャン、エンケイ、ボルクレーシングetc.……。固定観念か、先入観か、郷愁か、それらは40年以上が経過した今も決して色あせることなく“王道”として人々から認知されています。

アメリカにもこうしたJDM(ジャパニーズ・ドメスティック・マーケット)スタイルにこだわるツーな日本旧車乗りはたくさんいて、わざわざ日本からホイールを個人輸入するケースも少なくありません。

 

さて、私はどのホイールを履こうかなぁ……。

パーツ選びって本当にワクワクしますよね。

 

※余談ではありますが、こちらは私が撮ったRSワタナベのPR動画です。

アメリカの定番、NASCARホイール!

Zを購入した時から履かせてみたいホイールがありました。

NASCARホイールです。

アメ車カスタムの定番中の定番。機能性のみを追求したシンプルな鉄チンホイールですが、これが何にでも似合うことは周知の事実。レースカーとは似ても似つかないハイエースにおける装着率の高さが実証していますね。’80年代後期から’90年代初頭にかけて巻き起こったアメ車ブームでは、アストロ×NASCARホイールの組み合わせも大流行しました。

 

本国アメリカでは日本旧車にNASCARホイールを履かせるのも珍しいことではありません。

ビッグバンパーもそのままに、『アメリカンZだぜ!』と鼻息を粗くする私としては、是非トライしてみたいホイールなのです。

 

NASCARホイールの魅力はリーズナブル&クール

クールなルックスもさもさることながら、NASCARホイールは手の届きやすい価格帯が私にとっては最大の魅力です。

実際にレースで使用されているBassett(バセット)やAERO(エアロ)でも15×10Jサイズで1本$100前後。ストリートカー専用にファッション製を高めたアメリカンレーシング製で定価が$120台といったところ。前記したJDMの旧車定番ホイールと比べたら破格のお値段と言えるでしょう。7J、8Jとなれば更にお求めやすくなります。

ただしBassett、AERO、American Racingなどはレースカーやアメ車用のサイズが中心のため、日本旧車にマッチする114.3mm /4穴のラインナップがほとんどありません。みんなどうしているのかなぁ……。

 

NASCARホイールはどこで買う?

どこで買えるのかとネットを徘徊していたら、やっぱりありました、カスタムカー専用にNASCARホイールを製造・販売する専門ブランドが。

 

ウィスコンシン州にファクトリーを構えるDiamond Racing Wheels(ダイヤモンド・レーシング・ホイールズ)は、その名の通りレーシングカー用のNASCARホイールを製作する傍ら、ストリート用のニッチなサイズ、ピッチ、オフセットを取り揃えていました。日本車やヨーロッパ車へのラインナップが豊富で、どうやらイベントなどで見かける日本旧車のホイールは全てここが出所のようです。

 

さっそく私もオンラインでオーダー。

念のため事前にメールでサイズなどを問い合わせたところ、フェンダーをカットして太いサイズが履けるS30Zにマッチするサイズは

 

前後共通で15インチ×10J オフセット(インセット)はマイナス25

 

とのこと。

 

Diamond Racingではストリート用に、スポークとスポークの間が円形にくり抜かれている“SCシリーズ”とD型にくり抜かれている“プロストリート”、そしてリムとディスクのラインが滑らかな“スムージー”の3タイプを用意。

 

SCシリーズ:13インチ×5.5J($70)〜15インチ×10J($87.50)/ 1本

プロストリート:15インチ×6J($90)〜16インチ×10J($124)/ 1本

スムージー:15インチ×6J($110)〜16インチ×10J($144)/ 1本

 

カラーはいずれもブラック、ホワイト、シルバーから選べます。そして私が購入したのは、

 

プロストリート 15×10J(−25)※$110 ×4本 = $440

LAの自宅までの送料$130

合計:$570

でした。

 

S30ZにはNASCARホイールがよく似合う!

カッコいい!!!!

 

組み合わせたタイヤはTOYO プロクセス R888R

フロント:205/50-15 リア:225/50-15

 

引っ張り過ぎず、適度な肉厚具合が気に入ってます。ビッグバンパーとの相性もバッチリ! 日本の定番とはひと味違うアメリカンなS30Zが完成しました!

 

……が……しかし……

 

この話にはつづきがありまして、

結局すぐに別のホイールに履き替えてしまったのです。

 

そのお話はS30Zのホイールはグロースターで決まり! を更新しました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする